格安航空券を使って連休に旅行

- 連休の旅行なら早めに格安航空券を取ろう

連休の旅行なら早めに格安航空券を取ろう

そういえば、これはゴールデンウィークの連休の時の出来事です。
格安航空券の先行販売予約の告知が旅行会社からあったので、夏休みに是非と考えていた北海道内旅行。
最初の候補は沖縄だったのですが、もしだめなら北海道の道東を考えていました。
飛行機と共に止まりたい候補のホテルももちろん手配してみましたが、冷静に考えてみると、沖縄方面では少なくとも3連休は必要になってくるし、時期的にですが、梅雨も心配になってきます。
それに比べて北海道の道東は、そんな心配も必要ではないため、今回は家族会議での1番の候補に挙げられたというわけです。
でも妻には、もし道東なら車で行った方が…と言われてしまいました。
子供連れでは飛行機を利用した方が快適な旅行になるのでは、と考えていた私にとってはいかんともしがたい結果となりました。
優良格安航空券は3ケ月前にとってしまうのですが、もし私の仕事の都合で休みが取れなくなったらどうしよう…。
代替案として浮上してきた案としては、学校には届けを出して、子供の秋のテスト休みを週末と続けて3連休にし、大阪のユニバーサルスタジオジャパンに行くという計画です。
小学校に上がるとどうしても世間が混んだりする時にしかお出掛けできないのでなかなか、そんな機会も無いと考えていましたが、平日を含めて連休にするなんて、こんなチャンスは、なかなかないものです。
妻も子供も、大喜びで私の案に大賛成でした。あとは、お得な格安航空券さえちゃんと取れれば最高です。

国内ツアーで祭りを見に行く

山梨県富士吉田市上吉田で開催される吉田の火祭りは日本三大奇祭の一つとなっています。
このお祭りは北口本宮冨士浅間神社と諏訪神社両方が開催するお祭りで、毎年行われています。
日程は8月26日が鎮火際、27日がすすき祭りとなっています。
このお祭りでは両社の間でおよそ1キロの沿道で、高さ3メートルにも及ぶ松明が70〜80本燃やされます。
夕暮れには火がつけられ、富士山の山小屋にも松明がたかれ、火祭りが盛り上がりを見せていきます。
このお祭りは富士山の民間信仰、風俗習慣、神仏習合などが見て取れ、2000年に重要無形民俗文化財にもなっています。
富士山に行くなら静岡か山梨かというところですが、こういうお祭りの観光に、山梨県に旅行してみるのもいいかもしれませんね。
国内ツアーも一部あるようなので、探してみると面白いかもしれません。
準備自体はお正月から行われていますが、8月が近づいてくると松明も作られ始めますから、人ごみが苦手な方は7月下旬がねらい目かもしれません。
準備段階を見るのも楽しいですね。
なお富士山の点火は、五合目の佐藤小屋、七合目の花小屋、七合目トモエ館、東洋館、八合目トモエ館、八合五芍の御来光館で行われています。

Copyright(C)2013 格安航空券を使って連休に旅行 All Rights Reserved.